最新情報

“ふるさとタイム”に約300名参加

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2016年4月11日

ジュースで乾杯をする様子

職員と学生が懇談する様子

4月8日(金)、深草キャンパス4号館5階において「ふるさとタイム」が開催されました。
新入生のほか、在学生や教職員等も参加し、入学後の大学生活を順調に進められるよう、学生同士、あるいは学生と教職員との繋がりを広げる機会を提供しており、大学・親和会・校友会の三者共催で実施しています。

今年で9回目を迎えるふるさとタイム、2016年度は近畿圏でも下宿生の多い和歌山県、就職支援協定を締結した三重県、留学生と対象範囲を広げ、8つのブロックにわかれ実施しました。
2016年度は、約300名の参加者で大変有意義な交流がおこなわれました。
本取り組みには、就職支援に関する協定を締結している自治体からは10県の担当者が参加し、懇談の中でUターン就職などに関する情報提供もおこないました。

卒業後にU・Iターンを考えている学生などは、同郷の先輩のお話を伺う貴重な機会となり、これを機会に学友の和を広げ、龍谷大学生として有縁のつながりを学び、卒業後には地域に根ざす校友会支部等に参加してくれることが期待されます。

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る