きめ細やかなフォロー体制

取り組みの概要

「就活状況把握システム」では、4,000人を超える4年生の就職活動状況(4月時点)を100%把握しています。ここで抽出した課題(応募企業状況[企業選びの志向性]、不安要素、選考通過状況[弱点・課題]をもとに学生の状況等を把握し、窓口に来ることに抵抗を感じる学生には、メール・電話によるアプローチを継続的に行い、信頼関係を築き、最終的には学生とface to faceの面談を実施します。4月時の弱点・課題データと面談の積み重ねで課題克服に向けた主体的な行動を促すとともに、求人情報の提供を行い、学生満足度の高いマッチングを実現します。

このページのトップへ戻る